所得証明書不要で申込めるサービス集


所得証明書不要でカードローンが利用できる場合とは

カードローンを利用するにあたっては、サービス提供会社に所得証明書を提出することが義務付けられています。これは利用者の借り過ぎを予防する目的から、改正貸金法によってそのように定められているからです。したがって基本的には、所得証明書不要でカードローンを利用することはできません。しかし実際には、所得証明書不要で利用ができる例外もあることを知っておくといいでしょう。その例外とは、利用者の借入希望金額が基準以下の少額となる場合です。具体的には、1社あたりの限度額が50万円以下の場合、また他社借入合計金額が100万円以下になる場合です。このような場合においては、例外として所得証明書不要でカードローンを利用することができます。さらに、消費者金融ではなく銀行であれば、やはり所得証明書の提出義務がありません。ただしいずれの場合も、本人確認だけは必要条件として避けて通れませんので、その点には留意しておいてください。


キャッシングとはどんなローン?

本来、キャッシングとはお金を借りるという意味ですが、実際にはローンの名称として利用されています。明確な定義はありませんが、カードローンやフリーローンなどをキャッシングと呼ぶことが多いです。多目的に使える小口ローンの総称であり、クレジットカードのキャッシング枠も含める場合があります。これらのローンに共通することは、限度枠の範囲内で何度でも利用できることです。コンビニATM対応のローンがほとんどなので、休日や深夜に借りたり返したりできます。担保・保証人なども不要となっており、即日中に貸してくれる金融機関が多いのです。キャッシングを提供する金融機関の多くは消費者金融ですが、それ以外にもクレジットカード会社、銀行などでもラインナップしています。いずれも20.0%以内の金利設定となり、昔のような高金利ではありません。最近のキャッシングは利息制限法により、高金利時代と比較して大幅に金利が引き下げられています。


クレジットカードの取得と利用について

クレジットカードを利用する場合、利用代金は後払いの形になります。これは、プリペイドカード(前払い)やデビットカード(即払い)と大きく異なる点です。したがって、クレジットカードには個人の信用が求められるため、入会に際しては審査が行われます。自営業者、定年退職者、若年層の人々などは、時として審査が通らない場合があります。その原因としては、低収入である、収入が安定していない、もしくは過去における返済状況が悪かった、などの要素が考えられます。そうした場合の対処法としてできることの一つは、デビットカードの利用をある程度頻繁に行い、支払実績を作ることです。このようにして、良好な信用情報(クレジットヒストリーとも呼ばれる)を築くなら、カード取得がある程度容易になることが期待できます。さて、クレジットカードを使用するメリットはいくつかあります。例えば、通常、1回払いであれば利息や手数料などは取られません。これは支払いまでの期間は無利息でお金を借りることができるのと同じ意味になります。また、カード会社やカードの種類によっては、利用額に応じてポイントが付与されるというメリットもあります。


マイカーローンで車を購入

車の購入には、車両本体価格と、諸経費、それに税金プラス保険代がかります。そのため車ご購入にはある程度のお金が必要です。必要金額を現金で直ぐにはご用意出来ない時には、マイカーローンを利用してお金を準備されることをお勧めします。マイカーローンは、各種銀行が取り扱っています。銀行窓口や、電話、ネットでもマイカーローンに関するお問い合わせや、手続きなどがご利用頂けます。銀行から直接、車を購入された販売店へ代行して支払ってくれますから安心出来ます。マイカーを持つ夢が叶えられます。予算内よりも少しグレードアップしたお車にされたい時にも役立てられます。また、月々返済金が支払える無理のない予算内で賢くマイカーをお買い求めればご負担少なく返済が可能となります。毎月一定額をマイカーに充てる頭金にするようにある程度積み立ててから購入されることをお勧めします。毎年税金や、法律によって定められている車検代、日々のガソリン代と、オイル交換、タイヤ交換の時期にもお金がかかることを理解しておく必要があります。


お金の不足時に便利な銀行カードローンの特徴とは

何かと出費続きの毎日の中でどうしてもお金が不足して支払いが困難になってしまうことも少なくないでしょう。それでもなお、自宅の家賃や食費、生活費、交遊費をはじめ様々な支払いが伸し掛かってくる時、銀行カードローンのキャッシング即日サービスを活用すればこの難局を乗り切ることができるはずです。銀行カードローンは、銀行ATMに備え付けの自動契約機や電話、ネット、郵送などで利用申請することでスピーディーに審査を受けることができます。平日昼間であればその所要時間は最短30分。氏名、生年月日、住所、職業、勤務先、年収、希望借り入れ金額などの必要事項を伝えることで審査がスタートし、信用情報のチェックや在籍確認などを通じて何も問題がなければ利用許可を得ることができます。消費者金融でも同じようなカードローンを提供していますが、貸金業法に則って運営されるこれらと違い、銀行カードローンは銀行法に従って運営されているので総量規制の影響を受けることはありません。そのため利用者の年収に関係なく自由に融資金額を設定できるところが大きな違いと言えるでしょう。


小口融資の説明と利用条件

小口融資とは限度額が比較的低い少額の融資のことです。病気や災害などで世帯主にやむを得ないと判断される事情がある場合生活上の便宜のために公的な機関から緊急小口資金を無利子で借りる事ができます。金融機関でも小口融資の取り扱いは多く、銀行や信用金庫でも借りられますが、審査手続きの面で比較すると実際振り込まれるまでの時間は消費者金融の方がはやい傾向にあり、最短で当日中という事も珍しくありません。小口の場合でも本人確認書類は必須ですが全体的に提出する書類も少なくてすみ、年齢や就労環境などの一定条件を満たしていれば審査にかかる時間も短く、通りやすい利点があります。小口融資は一般的には10万円以内が上限であることがほとんどです。この額であれば連帯保証人が不要な場合も多いので利用しやすい借入額です。利息や返済期日は金融機関によって違います。きちんと期日通りに返済をしていれば信用度もあがるのでその後の増額もしやすくなります。